情報セキュリティ基本方針  INFORMATION SECURITY POLICY


情報セキュリティ基本方針
東京京装コンピュータ株式会社
代表取締役社長 竹間 末人


当社にとって情報資産(情報および情報システム等)は、システムの受託開発業務、IT技術者派遣業務等の当社のビジネス活動において、利益を生み出していくための源泉として最も重要な資産であり、また情報セキュリティ事故を未然に防止することは、社会的な責務である。
当社は、情報セキュリティ上の脅威から情報資産を保護するために、情報資産を正確かつ安全に取り扱い、経営戦略に沿った情報セキュリティを実現するとともに、お客様の信頼に応えていくものとする。

1. 当社は、情報セキュリティに対する当社の取り組みに関する経営陣の意思を表明し、それに基づく主な行動指針を明確にすることにより、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を適切に構築・運用し、重要な情報資産の機密性・完全性・可用性の確保に努め、その有効性を継続的に確保する。

2. 当社は、ISMSの運営のために情報セキュリティ管理責任者と情報セキュリティ委員会を設置する。また、各部門にISMSを適切に運用するために必要な組織体制を整備する。

3. 当社は取り扱うすべての重要な情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じる。

4. 当社は、お客様との契約及び法的規制または当社より高いレベルの情報セキュリティ要求事項を尊重し、遵守する。

5. 当社は、情報セキュリティを確立するための諸施策を確実に実施する。また、セキュリティ計画を設定する。

6. 当社のISMSが、適切で、有効であることを確実にするため、定期的に内部監査を実施し、見直しと改善を図る。

7. 当社は、ISMSの維持向上のため全社員に対して定期的に教育を実施し、効果を測定する。

8. 当社の情報資産の利用・運用に係る全要員は、情報セキュリティ関連規則を遵守する。

9. 本規定の適用範囲は「ISMS適用範囲」において別途定める。


2004年4月7日施行
2014年8月1日最終改定